« こころに残る現代史/白駒妃登美 | トップページ | 世界史の中の日本/田中英道 »

2014年4月18日 (金)

人生の原理/小宮一慶

Image超一流と呼ばれる人たちは、たいていが不器用。
それは、なぜか。
不器用な人は、努力の大切さを知っているから。
不器用だから、
器用な人の何倍も時間をかけないと、一人前にはなれなかった。
だから、何倍も考え、何倍も工夫する。
一人前になっても、何倍も、何倍も、何倍も繰り返す。
一人前と一流は違う。
器用な人は早く一人前になるが、そこで努力をやめる人が多い。
不器用な人は努力を続ける。
その努力を続けているうちに、一人前から一流へと変わっていく。

器用な人は、意外と並みの業績しか残していないことが多い。

ちょっとやればすぐ人並みに出来るようになるので、そこで満足し、努力をやめてしまうからである。

逆に、超一流と呼ばれる人たちは、たいていが不器用。

言われてみれば、確かにその通りである。

超一流と呼ばれる人たちの著書を読んだり、話を聞いてみたりすると、スタート時点では他の者よりも劣っていたと言っているものが多い。

自分は他よりも劣っていると思うので、余計努力をする。

やっと人並みに出来るようになっても、努力を続ける。

努力を続けた結果、気が付いてみたら、他よりも抜きんでいた、といったものである。

努力はウソをつかないということであろう。

« こころに残る現代史/白駒妃登美 | トップページ | 世界史の中の日本/田中英道 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生の原理/小宮一慶:

« こころに残る現代史/白駒妃登美 | トップページ | 世界史の中の日本/田中英道 »