« セブンプレミアム進化論/緒方知行、田口香世 | トップページ | 新幹線 お掃除の天使たち/遠藤功 »

2014年4月14日 (月)

どうやって社員が会社を変えたのか/柴田昌治、金井壽宏

Image 「やらせない改革」は、その後いすゞで展開していく風土改革において、キーワードとなった言葉である。会社が社員を改革するのではなく、社員が会社を変える。改革の推進力を企業の指揮命令力に求めるのではなく、社員の内発的エネルギーに求める。これからの企業改革はそういう形で進んでいくべきだし、そうすることは可能だ、と私は考えていた。

本書はいすゞの風土改革を題材に、会社の風土改革について述べられている。

会社にはそれぞれ独自の風土がある。

それはそこで働く者にとっては空気のようなものである。

空気がどんなに淀んでいても、その中にとっぷりと浸かっているとそのことに気づけない。

むしろ、それが当たり前になってしまう。

組織風土とはそのようなものなのである。

だから怖い。

悪い風土は長い時間をかけて組織をどんどん劣化させていく。

しかもそこで働く者はそのことに全く気付けない。

だから、風土改革は中々うまくいかない。

上からの命令では失敗する。

社員が「これではダメだ」と自ら気づき、自ら動く必要がある。

だからポイントは、社員にどうやって気づかせるかということになる。

人は本来、怠け者である。状況が許せば怠けたくなるのが人間という生きものだ。

けれども、何か目標ができて、それを乗り越えたいと本気で思ったとき、想定以上の力を発揮するのもまた人間である。

だからこそ、本気でやりたいと思わせる気づきが大事。

そして、そのように本気でやりたいという気持ちをもった人を集めることが重要。

改革は、組織に属する一人ひとりが知恵を出し合わなければ成功しない。

本人の意思と関係なく、全社一斉とか業務命令といったやり方で改革を推進しようとしても成功しないのは当然なのである。

本書はその困難な課題に取り組み、一定の成果をあげた事例が記されている。

やれば出来るということであろう。

« セブンプレミアム進化論/緒方知行、田口香世 | トップページ | 新幹線 お掃除の天使たち/遠藤功 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうやって社員が会社を変えたのか/柴田昌治、金井壽宏:

« セブンプレミアム進化論/緒方知行、田口香世 | トップページ | 新幹線 お掃除の天使たち/遠藤功 »