« コピーキャット/オーデッド・シェンカー | トップページ | セブンプレミアム進化論/緒方知行、田口香世 »

2014年4月12日 (土)

経営者が語るべき「言霊」とは何か/田坂広志

Image442oq7ulだから、我々経営者は、
安易に「客観的な予測」を求めてはならないのです。
そのようにして語られる「予測」は、
決して「当たる」こともなければ、
「言霊」が宿ることも、ない。
むしろ、「主体的な予言」を語ることによって、
「予言の自己実現」と呼ばれる世界を求めるべき。
それが、経営トップの役割です。

「言霊」とは言葉に魂が宿り、実現させる力となるというもの。

悪い意味でつかわれることも多いが、本書ではむしろ「言霊」に積極的な意味を持たせている。

経営者は「言霊」を語るべきだと。

経営者の語る言葉がむなしく空回りしてしまうことが多い。

どんなに立派なことを語っても、社員が影響を受けない。

どうしてこんなことが起こるのか。

それは自らが語る言葉を腹の底から信じ切っていないから。

また、人格が伴っていないという問題もある。

「何を語るか」が問題ではなく、「誰が語るか」が問題。

そして今の時代、予測することが難しくなってきている。

3ヵ年計画をたてても、1年もたたないうちに修正せざるを得ないということがよく起こる。

このような変化の激しい時代は、

「この市場は、これからどうなるのだろうか」

「我々は、どうすればよいのだろうか」

と考えるべきではない。

「この市場を、こんなふうに変えていこう」

「我々の力で、こうやって変えていこう」

そう考えるべき。

そして、そのビジョンを、社員や部下に対して、「客観的な予測」としてではなく、「主体的な意志」として語れるかどうか。

それが勝負になってくる。

しかし、もし、そのビジョンを「主体的な意志」を持って語ることができれば、それは、「主体的な予言」となり、力強い「言霊」となる。

未来を「予測」するのでなく「創造」することが大事だと。

「言霊」に積極的な意味を持たせるという視点は面白い。

« コピーキャット/オーデッド・シェンカー | トップページ | セブンプレミアム進化論/緒方知行、田口香世 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営者が語るべき「言霊」とは何か/田坂広志:

« コピーキャット/オーデッド・シェンカー | トップページ | セブンプレミアム進化論/緒方知行、田口香世 »