« 育てる技術/石田淳 | トップページ | NASAより宇宙に近い町工場/植松努 »

2014年4月 5日 (土)

プロ研修講師の教える技術/寺沢俊哉

Photo 「どのようにしたら、大人のやる気を引き出し、自発的に学び行動してもらえるようになるだろう」と、20年以上にわたって悩み続けました。
 その結論が、「お客さん」にせず「参加者」にさせろ! なのです。

中小企業で研修講師を務めることがよくある。

管理職研修や新入社員研修などである。

その中で気付いたことがある。

それが上記の「お客さん」にせず「参加者」にさせろ、ということ。

逆に言えば、一番効果が薄いのは、講義形式の研修。

講師が得々と話している間、聞いている側は、眠さを我慢して、ただ聞いているふりをしているだけ。

内心では「何を偉そうに」と思っている。

だから一方的に聞く側に立たせてしまっては失敗なのである。

私の場合、研修は必ず「参画型」にする。

様々な課題を提供し、それについてグループで話し合い発表する場を提供する。

それによって様々な「気づき」が生まれる。

これが人が変わる「火種」となる。

研修講師をやってみて気づいた点である。

« 育てる技術/石田淳 | トップページ | NASAより宇宙に近い町工場/植松努 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ研修講師の教える技術/寺沢俊哉:

« 育てる技術/石田淳 | トップページ | NASAより宇宙に近い町工場/植松努 »