« こんな僕でも社長になれた/家入一真 | トップページ | ルールを変える思考法/川上量生 »

2014年5月 4日 (日)

嫌な取引先は切ってよい/中里良一

Image 考えてみてほしい。
 友達を選ぶとき、学校の部活動を選ぶとき、休日の旅行先を選ぶときなど、いろんなものを決める基準は「好き嫌い」だったと思う。でもなぜか、多くの会社はビジネスにおいては「儲かるか儲からないか」を最優先にしている。
「多くのことは『好き嫌い』で考えるのだから、ビジネスも好き嫌いで考えたらうまくいくんじゃないか」
 誰か1人くらいそう思ってもおかしくないはずだし、私はそれを実行しているだけだ。別に非常識なことではない。

本書は、社員数20数人の町工場の社長、中里氏の著書。

この中小企業、お客様を選ぶときの基準は「好き嫌い」だという。

事実、この基準に変えてから、年間の売上ほどあった借金がなくなったという。

さらには、嫌な取引先を切っているにもかかわらず、お客様の数も増え続け、現在も順調に新規のお客様は増えているという。

多くの企業はお客様や取引先を選ぶ場合、「儲かるかどうか」で選ぶ。

そのため、自社の中にある大事なものを失ってしまうことが多い。

結果、その会社の「らしさ」がどんどん失われていく。

取引先にとっては、多くある下請け企業の一つとなってしまう。

そうなると、次に待っているのは値引き地獄。

相手に足元を見られ、値引きに次ぐ値引き。

経営はどんどん苦しくなる。

そうすると、いやな仕事でも受け入れざるを得なくなる。

そしてそれがまた負のスパイラルを生む。

多くの会社はこのことが分かっているにも関わらず、ここから中々抜け出せない。

著者の言う「好き嫌い」でお客様を選ぶということ。

実行する価値があるのではないだろうか。

« こんな僕でも社長になれた/家入一真 | トップページ | ルールを変える思考法/川上量生 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嫌な取引先は切ってよい/中里良一:

« こんな僕でも社長になれた/家入一真 | トップページ | ルールを変える思考法/川上量生 »