« 人生を無駄にしない会社の選び方/新田龍 | トップページ | 黄金の復興計画/三橋貴明 »

2014年5月25日 (日)

稼ぎたければ、働くな。/山田昭男

Photo 社員たちはおそらく日本でもっとも労働時間が短いサラリーマンだろう。それでも業績は好調を維持し、彼らはトップクラスの給料をもらっている。
 なぜか。
 働かないからだ。
 働かないから稼げるようになる。一見矛盾しているようだが、私に言わせればいたってまっとうな理屈だ。
 すべては今持っているちっぽけな「常識」を捨てることから始まる。

刺激的なタイトルである。

しかし、これを字句通り受け止めるべきではない。

この意図するところは、逆発想をせよ、ということ。

働いても儲からないのであれば、「もっと働こう」ではなく「もし働かなかったら」と考えてみたら?ということ。

このくらい大胆に考えなければ、儲かるユニークな発想は生まれないということである。

たとえば、未来工業ではホウレンソウは禁止だということ。

なぜ、禁止なのか?

なんでも相談するのは、自分では何も考えないから。

その結果、指示待ち人間になってしまう。

だったら、ホウレンソウを禁止したらどうなるのか?

みんな自分の頭で考えるようになる。

そうすると現場力が強くなる。

末端の社員が自分の頭で考えられる組織は強い。

そうなれば、いやでも利益は上がってくるという発想である。

大切なのは、頭を使って考え、どんな工夫を加えるかだ。

よそと差別化するために、どんな付加価値をつけてモノを売るのか。

人がやっていないちょっとした工夫をプラスして、「先手必勝」の立場を確立する。

このような発想が大事だと教えられる本である。

« 人生を無駄にしない会社の選び方/新田龍 | トップページ | 黄金の復興計画/三橋貴明 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稼ぎたければ、働くな。/山田昭男:

« 人生を無駄にしない会社の選び方/新田龍 | トップページ | 黄金の復興計画/三橋貴明 »