« 才能を伸ばすシンプルな本/ダニエル・コイル | トップページ | 嫌な取引先は切ってよい/中里良一 »

2014年5月 3日 (土)

こんな僕でも社長になれた/家入一真

Image 逃げることは、決して悪いことじゃない。前に進めなくて立ち止まるくらいなら、全力で後ろ向きに走ればいい。尻尾を巻いて逃げてしまえばいいのだ。
 どんな道にも必ず行き止まりはある。自分が、道の行き止まりに立っていることに気づかずに、前に進めないともがき続けるくらいなら、来た道をちょっとだけ戻って、やり直してみればいい。身動きが取れないことに絶望的になって、自ら命を絶ってしまうくらいなら、誰も追ってこないところまで、全力で逃げればいい。
 世の中は広い。地球は、途方もなく大きい。どんな人にだって、どこかにきっと、何も恐れることなく、ハッピーに暮らせる場所があるはずだ。前に進まなくたって、逃げたって、生きてさえいれば、きっといつか、そんな場所にたどり着く。逃げることは、決して悪いことじゃない。

ひきこもりからIT会社の社長になった家入氏の体験記である。

自分の子供がひきこもりであるだけに、このようなテーマは非常に関心がある。

結局のところ、「逃げることは、決して悪いことじゃない。前に進めなくて立ち止まるくらいなら、全力で後ろ向きに走ればいい」という言葉に集約されているような気がする。

ひきこもりになる人間は、自分を責め続けている場合が殆どである。

「自分は現実から逃げ回っている」と。

しかし、その事実をまず受け入れることである。

まずはありのままの自分を受け入れること。

そして現実を受け入れる。

良いことも悪いことも、すべて受け入れる。

おそらくそれがなければ、次へのスタートは切れない。

このことに気づかされたことだけで本書を読んだ価値があった、という気持ちである。

« 才能を伸ばすシンプルな本/ダニエル・コイル | トップページ | 嫌な取引先は切ってよい/中里良一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな僕でも社長になれた/家入一真:

« 才能を伸ばすシンプルな本/ダニエル・コイル | トップページ | 嫌な取引先は切ってよい/中里良一 »