« なぜ日本企業では情報共有が進まないのか/田坂広志 | トップページ | 書くだけで自分が9割変わる/中司祉岐 »

2014年6月13日 (金)

全員で稼ぐ組織/森田直行

Photo では、社員が経営者と同じようなスタンスで仕事に臨んでもらうにはどうすればいいのか。稲盛さんは考え続けました。その結果、たどり着いたのが、経営に関する実績を社員全員にすべてオープンにすることでした。企業の経営状況を見える化し、自分たちの給料の源泉となる利益がどこでどのくらい生まれているのか、そして、その利益創出に自分はどれだけ貢献できているのかをひと目でわかるようにすれば、従業員が経営者に近い感覚で業務に臨んでくれると考えたわけです。

経営者と社員とでは会社の数字への意識において大きな差がある。

どんな経営者でも、会社の大切な数字はいつも頭に入っているが、社員の場合は無関心であることが多い。

社員にとって、会社の経営状況などは所詮他人事なのである。

では、それを「自分事」にするためにはどうすればよいか?

そのような考えで生まれたのが「アメーバ経営」である。

5~10人単位の小集団(アメーバ)に分け、各アメーバ間で「社内売買」をする仕組みを作る。

これにより各アメーバは「売り」と「買い」を持った会社のような採算単位になり、アメーバリーダーは利益拡大を追求するようになる。

自分たちの責任が明確になるために、当事者意識が生まれ、結果として行動が変わり、利益があがるようになる、というもの。

本書はその方法が書かれているのだが、機会があれば、どこかの会社に提案してみたいものである。

« なぜ日本企業では情報共有が進まないのか/田坂広志 | トップページ | 書くだけで自分が9割変わる/中司祉岐 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全員で稼ぐ組織/森田直行:

« なぜ日本企業では情報共有が進まないのか/田坂広志 | トップページ | 書くだけで自分が9割変わる/中司祉岐 »