« 男の流儀入門【仕事編】/伊集院静 | トップページ | なぜ日本は誤解されるのか(ニューズウィーク日本版ペーパーバックス) »

2014年7月 6日 (日)

国がダメでも「脳」がある/茂木健一郎

Photo 脳が喜びを感じるのは、昨日の自分を超えることができたときです。別の言い方をすると、自分が少しでも前に進んでいれば、脳は喜びを感じるようにできています。

私たちはとかく人と比較したがる傾向がある。

自分が劣っていれば劣等感を感じ、優れていれば優越感を感じる。

その度に感情はジェットコースターのように上がったり下がったりする。

これが精神衛生上よろしくないことはみんなわかっている。

でも、どうしようもないと感じている。

いや、それが人間なんだと妙に自分を納得させている人も多いことだろう。

でも、友だちの偏差値が高かろうが、同期が自分よりも先に昇進しようが、そんなことはどうでもいいこと。

進む速さは、人それぞれ。

速い人もいればゆっくりな人もいる。

肝心なのは、自分の中で少しでも進歩していればそれでいいと思うこと。

人との比較に、脳は喜びを感じない。

昨日の自分を超えたとき、脳は喜びを感じる。

意識的にこのことを実行することも大事なことではないだろうか。

« 男の流儀入門【仕事編】/伊集院静 | トップページ | なぜ日本は誤解されるのか(ニューズウィーク日本版ペーパーバックス) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国がダメでも「脳」がある/茂木健一郎:

« 男の流儀入門【仕事編】/伊集院静 | トップページ | なぜ日本は誤解されるのか(ニューズウィーク日本版ペーパーバックス) »