« 壁をうち破る方法/安澤武郎 | トップページ | 『俺のイタリアン』を生んだ男/尾崎弘之 »

2014年8月 6日 (水)

ガーバー流「仕組み」経営/堀越吉太郎

Photo 「多くの社長は、社長本来の仕事をサボっている」
 これがガーバーの根本的なメッセージである。
 社長の唯一の仕事は、「仕事を手放すこと」だ。
 社長が会社にいなくても、しっかりと仕事が回るような仕組みをつくることこそが、経営者の真の仕事なのである。

このガーバー氏の言葉、100パーセント同意できる。

特に中小企業の場合、社長が頑張りすぎているケースが非常に多い。

営業も社員に任せることができずトップセールスを繰り広げる。

社長がいつまでも自分の仕事を手放さないので、次が育たない。

そして社長が衰える時が会社の寿命となる。

しかも大抵、このようなワンマン社長の場合、晩年になるとおかしくなっていく。

かつてのカリスマ社長が晩節を汚す例は枚挙にいとまがない。

この負のスパイラルを逆走する必要がある。

そのためには何が必要か?

そのキーワードが「仕組化」である。

仕組化こそ社長の仕事だと認識すべきであろう。

« 壁をうち破る方法/安澤武郎 | トップページ | 『俺のイタリアン』を生んだ男/尾崎弘之 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガーバー流「仕組み」経営/堀越吉太郎:

« 壁をうち破る方法/安澤武郎 | トップページ | 『俺のイタリアン』を生んだ男/尾崎弘之 »