« 他人より年商10倍「稼げる」社労士になる方法/萩原京二 | トップページ | 知的創造企業/野中郁次郎、竹内弘高 »

2014年8月16日 (土)

誰が太平洋戦争を始めたのか/別宮暖朗

Photo 今でも日本では、「首脳同士」で詰めよという議論が外交紛争のたびに起きる。しかし、その前に両国の下僚の間で妥協点を詰めておかねば、首脳同士でいくら話しても無駄なのである。首脳外交は、ヤクザの親分同士の手打ち式のようには進まない。木戸幸一は、
 「日本が二階に上って美しい景色を見ようと誘うと、アメリカは予めどんな景色か言えという。日本は、とにかく上ったら判ると主張する。それで結局話ができなかったようなものだ」と評した。

日本は歴史的に外交下手である。

その原因の一つに、日本人のメンタリティがあるような気がする。

日本人の中には「話せばわかる」という思いがある。

思い込みといってもよい。

だから、「膝を突き合わせて」とか「腹を割って」という言葉が出てくる。

しかし現実はそうではない。

話してもわからないことばかりである。

「話せばわかる」という前提で話し合うのと、「話しても分かり合えることはない」という前提で話すのとでは、期待する成果に大きな違いが出てくる。

前者は、話し合うことに多大な期待を持つ。

一方、後者は、そんなものは最初から持たない。

そのうえで、適切な妥協点を探る。

結果、この方が現実的で、勝ち取る成果も大きくなる。

日本人の外交下手、交渉下手の原因に日本人のメンタリティがあるのは明らかだ。

« 他人より年商10倍「稼げる」社労士になる方法/萩原京二 | トップページ | 知的創造企業/野中郁次郎、竹内弘高 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰が太平洋戦争を始めたのか/別宮暖朗:

« 他人より年商10倍「稼げる」社労士になる方法/萩原京二 | トップページ | 知的創造企業/野中郁次郎、竹内弘高 »