« ミッションの経営学/田中道昭 | トップページ | 人は感情によって進化した/石川幹人 »

2014年9月17日 (水)

成功体験はいらない/辻野晃一郎

Photo 日本人は元来、「捨てる」ことが得意だった。 「捨てる」といっても、古いものや過去の蓄積をやみくもにかなぐり捨てることではない。よき伝統や習慣をしっかりと踏襲しながら、不要なものを整理して手放し、新たな気持ちで心機一転スタートを切るということだ。

本来新しいことにチャレンジすることは楽しいものである。

新しい体験や発見があるのだから。

ところが、チャレンジを躊躇させるものがある。

それは過去の「成功体験」である。

これにしがみついている限り、チャレンジはできない。

これ以外にも「持つことのリスク」は多くある。

常識的に考えても、たくさんのものを持ちすぎることはよくない。

体を動かすのに必要な筋肉であっても、持ちすぎると、体が重くなり、動きは鈍くなる。

人脈も持ちすぎると、その人間関係に縛られ、それがしがらみとなり、自由が奪われる。

情報はどうだろうか。

今はクラウドが浸透してきているので、多くのデータはそこに保存できる。

つまり、多くのものを抱え込まなくてもよい時代なのである。

「もつ」ことは、いまや大きなリスクになりうる。

これからは、いままで以上に「もたない」勇気や「捨てる」決断が問われている時代だといえる。

« ミッションの経営学/田中道昭 | トップページ | 人は感情によって進化した/石川幹人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成功体験はいらない/辻野晃一郎:

« ミッションの経営学/田中道昭 | トップページ | 人は感情によって進化した/石川幹人 »