« 転換期の日本へ/ジョン・W・ダワー、ガバン・マコーマック | トップページ | 年収300万円の残念な働き方/鈴木康弘 »

2014年9月23日 (火)

会社再生ガール/田中伸治

Photo 「うちの社員はみな優秀な人間ばかりだ。でも、人をまとめるのは頭の良さとか、経験だけじゃない。経営者の心情を心から理解でき、そのうえで経営者にとって鬼にもなれる人間が必要だ」
 「まるで阿修羅ね」
 麗子がおしぼりをたたみながらつぶやいた。
 「阿修羅だ。何面もの顔を持ち、それでいて強く、不況という悪魔たちから恐れられる存在でなくてはいけない。単なる債務整理や事業継続に主眼を置いたコンサルティングなんて必要ない。経営者の犠牲のうえに会社が再生しても、それは真の会社再生なんて言えないだろ? 俺が目指しているのは、『経営者の再生』つまり、現在の経営者による経営継続なんだ。真の意味での再生とはな、会社や事業の再生だけじゃなく、経営者とその家族を含む人生の再生なんだよ」

本書は、過剰債務に苦しむ老舗旅館を救うために奮闘するコンサルタント・相馬明日美の会社再生物語。

それなりに面白く読み進むことができ、その中で、会社のピンチを救う実践的スキームが理解できる。

赤字まみれの会社を再生させるのはきれいごとではいかない。

ただ、本質は上記抜書きにあるように、

「真の意味での再生とは、会社や事業の再生だけじゃなく、経営者とその家族を含む人生の再生」

ということではないだろうか。

« 転換期の日本へ/ジョン・W・ダワー、ガバン・マコーマック | トップページ | 年収300万円の残念な働き方/鈴木康弘 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会社再生ガール/田中伸治:

« 転換期の日本へ/ジョン・W・ダワー、ガバン・マコーマック | トップページ | 年収300万円の残念な働き方/鈴木康弘 »