« 国土と安全は経済で買える/上念司 | トップページ | 司馬遼太郎が描かなかった幕末/一坂太郎 »

2014年9月 2日 (火)

会社人間の皮を脱ぎすてよ/佐藤康行

Photo 知っておいていただきたいのは、会社には一秒たりとも現状維持はない、ということです。つまり、繁栄の方向に向かっているか、衰退の方向に向かっているか、その二つに一つなのです。

「会社には一秒たりとも現状維持はない」と著者は言う。

同感である。

現状維持という言葉が出てきた時点で、その会社は衰退への道を歩み始めている。

なぜなら世の中は常に変化しているからである。

世の中、会社から言えばマーケットが常に変化している以上、会社も常に変化し続ける必要がある。

言葉を換えて言えば、会社とは変化適応業といえる。

もちろん、会社の理念は変える必要はない。

いやむしろ、理念は変えてはならない。

そうしないと、単なる根なし草になってしまう。

では何を変えるのか?

戦略であり、そこから出てくる仕事の流れ、オペレーションの部分である。

会社はこの部分を常に変えていかなければならない。

でも、これを実行している会社はどのくらいあるのだろう。

« 国土と安全は経済で買える/上念司 | トップページ | 司馬遼太郎が描かなかった幕末/一坂太郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会社人間の皮を脱ぎすてよ/佐藤康行:

« 国土と安全は経済で買える/上念司 | トップページ | 司馬遼太郎が描かなかった幕末/一坂太郎 »