« 悪魔のサイクル/大前研一 | トップページ | ホワイト企業/高橋俊介 »

2014年10月 8日 (水)

中国・韓国を本気で見捨て始めた世界/宮崎正弘

Photo 筆者は過去6回、インドへ出掛けているが、2014年にも、思い立ってインドへ取材に行った。ちょうど安倍首相がデリーを訪問中で、テレビニュースではトップ扱いされた。毎日、6紙ほどインドの英字新聞を読んだが、ことごとく安倍外交礼賛と日本の特集だった。日本に対して好意的かつ戦略的で、しかも地球を俯瞰するかのように日本外交を分析している。中国の日本罵倒とは天と地の差がある。

我が家は日経新聞と毎日新聞をとっているのだが、その記事を読んでいると、日本は世界で孤立しているような印象を受ける。

ところが、自分の足で世界中を回り、取材をしてきた著者によると、日本は決して孤立していない。

日本で右翼だと批判されている安倍首相などは、アジア各国で、大歓迎を受けている。

そしてむしろ孤立しているのは中国と韓国だということがわかってくる。

最近も朝日新聞の誤報(捏造)記事が問題になっているが、これは何も朝日だけではない。

日本のマスコミ全体が、かなり偏っていると思って読んだほうがよさそうだ。

« 悪魔のサイクル/大前研一 | トップページ | ホワイト企業/高橋俊介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国・韓国を本気で見捨て始めた世界/宮崎正弘:

« 悪魔のサイクル/大前研一 | トップページ | ホワイト企業/高橋俊介 »