« 中国・韓国を本気で見捨て始めた世界/宮崎正弘 | トップページ | 血管を強くする歩き方/木津直昭、稲島司 »

2014年10月 9日 (木)

ホワイト企業/高橋俊介

Photo 成果主義の要である成果の再現性は、おもにその質に表れるのに、客観的で異論の出にくい、評価しやすい量的側面に偏ってしまったがために、短期思考やチームワーク阻害といった問題が出てきました。成果か能力かにかかわらず、ほんとうに大事な質的側面を測ることが重要なのです。

著者が言う「ホワイト企業」とは、社員がそこで働くことに働き甲斐を持ち、自律的キャリア形成ができるような企業のことを指す。

逆にブラック企業とは社員を使い捨てにする企業のこと。

しかし、ブラックと呼ばれる企業のなかには、確信犯的に「人は使い捨てでいい」という企業もそれなりに存在するが、

多くの場合、経営者や幹部が人材育成は重要だと思うものの、「具体的にどうしていいかわからない」という企業が、結果的にブラック企業に見えるというケースのほうがむしろ多いと著者は言う。

つまり人材育成をしようという意思はあるが、方法論がないというのである。

その意味では、一頃の成果主義の失敗は参考になる。

なぜ成果主義はうまくいかなかったのか?

様々な理由があるだろうが、大きなものとして「結果主義」となってしまったことがある。

短期に結果が出やすい仕事しか社員がやらなくなり、短期志向、個人主義が蔓延した。

結果として、成果主義はうまくいかなくなった。

しかし、著者は成果主義を否定はしていない。

むしろ、若い時こそ健全な成果プレッシャーを与えるべし、と言っている。

大事なことは、成果を表面的な数字で測るのではなく、質的な面を評価する仕組みを取り入れ、更にきちんとした支援をすることである。

今後多くの企業が取り組むべき課題だと思う。

« 中国・韓国を本気で見捨て始めた世界/宮崎正弘 | トップページ | 血管を強くする歩き方/木津直昭、稲島司 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイト企業/高橋俊介:

« 中国・韓国を本気で見捨て始めた世界/宮崎正弘 | トップページ | 血管を強くする歩き方/木津直昭、稲島司 »