« 外国人だけが知っている美しい日本/ステファン・シャウエッカー | トップページ | 一歩先をゆく「さきよみ」の習慣/能町光香 »

2014年11月30日 (日)

3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由/小玉歩

37 「切る」ということを考えて行動した結果、私の人生は大きく好転しました。
 無理に人づきあいをしなくてよくなったのでストレスフリーになったうえ、仕事もどんどんうまくいくようになりました。

「メールは返信するな」と言われれば、「何をバカな」と言われそうである。

ただ、著者の言っていることは、要は、

「自分にとって本当にプラスになる人づきあいだけ残し、後は切ってしまうことによって、自由に使える時間が増え、結果、仕事も人生をうまくいくようになる」

ということ。

確かに無駄な「おつきあい」が時間を浪費させてしまっているのは事実であろう。

特にメールが送られてくると「返信しなければ」と強迫観念に似た思いに駆られる。

そしてこれを繰り返すと、加速度的にその量が増加していく。

どこかでストップをかけなければ、と思いながらずるずると行ってしまう。

そのことを考えると「切る」ということは大事なことなのだろう。

あとはちょっとした「勇気」と「決断」を持つことだと思う。

« 外国人だけが知っている美しい日本/ステファン・シャウエッカー | トップページ | 一歩先をゆく「さきよみ」の習慣/能町光香 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由/小玉歩:

« 外国人だけが知っている美しい日本/ステファン・シャウエッカー | トップページ | 一歩先をゆく「さきよみ」の習慣/能町光香 »