« 仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか/山本ケイイチ | トップページ | 外国人だけが知っている美しい日本/ステファン・シャウエッカー »

2014年11月28日 (金)

ルネサンス 歴史と芸術の物語/池上英洋

Photo さて、ルネサンスを終わらせた一つの要因が、ほかならぬ〝大航海時代〟です。コロンブスやアメリゴ・ヴェスプッチといった、新大陸の〝発見〟を推進した船乗りたちが皆、イタリア人であることは皮肉なことです。というのも、そのせいで交易の重心が地中海から大西洋へと完全に移ってしまったからです。

本書は、ルネサンスとは何だったのか、それはなぜ始まり、なぜ終わったのか、という点について論じている

何事にも始めがあり、終わりがある。

数多くの芸術家を輩出し、あれほど栄華を極めたルネサンスがどうして終わったのか。

その要因の一つは、大航海時代の到来により、ヴェネツィアが経済的優位を失ってしまったことによる、という。

大航海時代、ポルトガルが開いた新航路により、香辛料がヨーロッパ大陸にもたらされる。

16世紀初めにリスボンに水揚げされた香辛料は、ポルトガルに莫大な利益をもたらす。

その結果、リスボンでの胡椒の価格は、それまでヴェネツィアに入ってきていたものの半額以下になる。

こうなってくると、北ヨーロッパの商人たちは、もう誰もヴェネツィアまで買い付けに行こうとはしない。

皆、大西洋沿岸沿いにスペインやポルトガルへと商船を走らせるようになる。

地中海の覇者イタリアは、こうして経済的優位を急速に失っていった。

そこからルネサンスは終焉へと歩み始める。

経済が反映すると、そこに人が集まり、そこから様々な芸術が花開く。

経済と芸術、密接な関係があるということであろう。

« 仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか/山本ケイイチ | トップページ | 外国人だけが知っている美しい日本/ステファン・シャウエッカー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルネサンス 歴史と芸術の物語/池上英洋:

« 仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか/山本ケイイチ | トップページ | 外国人だけが知っている美しい日本/ステファン・シャウエッカー »