« 「結果を出す人 」はノ ートに何を書いているのか/美崎栄一郎 | トップページ | 無気力なのにはワケがある/大芦治 »

2014年11月16日 (日)

ソーシャルシフト/斉藤徹

Photo 人類はかつてないほど緊密につながっている。そして、今まで目に見えない価値だった人間関係、相互信頼といったものがソーシャルメディアで可視化されるようになった。グローバル資本主義は、すべての価値を貨幣に換算して評価する風潮を世界中に蔓延させた。ソーシャルメディアは、そのアンチテーゼとして、共感、信頼、評判、尊敬といった感情をともなった関係性の大切さを人々に実感させたのだ。

今、ソーシャルメディアによって、世界は明らかに変わり始めている。

これまで距離の問題でつながることが不可能だった人々がつながるようになった。

これまで一方的に情報を受けるだけだった人々が、情報を発信するようになった。

そして、それによって新たなつながりが生まれ価値が創造されるようになってきた。

今、人々が望んでいるのは、騒がしい説得広告ではなく、控えめで共感を呼ぶメッセージ。

代わり映えのしない商品ではなく、細部まで心配りされた逸品。

画一的なサービスではなく、心のこもったおもてなし。

独りよがりの広報ではなく、誠実で真摯な対話姿勢だ。

その顧客体験が共感の連鎖を呼び広がっていく。

今、企業はマインドセットを変えるべきタイミングにある。

本当の意味で顧客に向き合う必要がある。

原点に回帰すると言った方がいいのかもしれない。

この変化のスピードは今後ますます加速されるのであろう。

« 「結果を出す人 」はノ ートに何を書いているのか/美崎栄一郎 | トップページ | 無気力なのにはワケがある/大芦治 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソーシャルシフト/斉藤徹:

« 「結果を出す人 」はノ ートに何を書いているのか/美崎栄一郎 | トップページ | 無気力なのにはワケがある/大芦治 »