« 働く女性28歳からの仕事のルール/田島弓子 | トップページ | アベノミクスの真実/本田悦朗 »

2014年12月21日 (日)

結果を出しながら人を育てる上司の魔法/黒岩禅

Photo 「頑張れ」「頑張ります」を無くすことが、「結果を出しながら人が育つ上司の魔法」になります。

「頑張れ!」「頑張ります!」という言葉、あらゆる職場で乱発されている。

上司が「明日の訪問、頑張れよ」というと、

部下が「ハイ、頑張ります」と答える。

でも、これでは何も変わらない。

私はよく関与先で社員の人事考課結果を最終決定する評価調整会議の司会をする。

ある上司に「あなたの部下の○○さんはどうしてA評価なんですか?」と聞くと、

上司は「今期、彼はよく頑張りましたから」と答える。

こっちはどんな行動をし、どんな結果を残したのかを説明してもらいたいのに、「頑張りました」の一言ですませてしまう。

「頑張りました」という言葉を使うことによって、上司としての説明責任を放棄してしまっている。

これでは何も変わらない。

「頑張れ」「頑張ります」と口にすることで、「具体的になにをするのか」を考えることを放棄していることに気づくべきだ。

上司は、部下に対して「頑張れ!」ではなく、具体的な指示をするようすべきだ。

部下も何をしたかを具体的に報告すべきだ。

このような会話の内容を変えることから会社が変わっていくのではないだろうか。

« 働く女性28歳からの仕事のルール/田島弓子 | トップページ | アベノミクスの真実/本田悦朗 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結果を出しながら人を育てる上司の魔法/黒岩禅:

« 働く女性28歳からの仕事のルール/田島弓子 | トップページ | アベノミクスの真実/本田悦朗 »