« 山本五十六(上)/阿川弘之 | トップページ | ミッドウェー海戦 第一部 知略と驕慢/森史朗 »

2015年1月23日 (金)

山本五十六(下)/阿川弘之

Photo このころには海軍部内でも、ことに少壮の士官たちの間で、もはや開戦に踏切るべき時だという空気は、かなり濃くなっていた。

日本ではカリスマ的なリーダーが意思決定して集団を動かすということはほとんどない。

ほとんどの場合、意思決定は「空気」がする。

国の行く末を決める開戦の決定も、結局のところ「空気」が行ったといってもよい。

この「空気」にはどんな強いリーダーも抗えない。

これに逆らったが最後、その人物は立ち行かなくなる。

ましてや戦前の日本。

この「空気」の存在は絶大。

日本の戦争責任があいまいになるのも、結局、「空気」がその主体だったからだろう。

これは外国人には到底理解できないことである。

« 山本五十六(上)/阿川弘之 | トップページ | ミッドウェー海戦 第一部 知略と驕慢/森史朗 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山本五十六(下)/阿川弘之:

« 山本五十六(上)/阿川弘之 | トップページ | ミッドウェー海戦 第一部 知略と驕慢/森史朗 »