« 世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか/安西洋之 | トップページ | 金融腐蝕列島(下)/高杉良 »

2015年1月 5日 (月)

金融腐蝕列島(上)/高杉良

Photo「どうかおゆるしください。これをいただいたら、わたしは組織人としてもバンカーとしても失格です。なんと言われましても、先生に出入り禁止だと言われましても、お受けするわけにはまいりません。どうかわたしの立場をご賢察ください」
「おまえ、わしに恥をかかせる気か。一度出したものを元へ戻せると思ってるのか」
「申し訳ありません」
「ふざけるな! 舐なめた真似をすると承知せんぞ!」
 竹中は耳を押さえたくなった。

今、金融機関の人事コンサルを行っているため、そのこととの関連で読んでみた。

バブル期の銀行は多くの不正融資に手を染める。

その後始末のために奔走する中堅銀行マン竹中を描いている。

上記はその中で、大物フィクサーから年始のマージャンに誘われ、その帰りがけ、百万の封筒を渡されそうになった場面。

これを受け取るのは、当然、コンプライアンス違反である。

しかし、相手が相手だけに、断るのは勇気のいること。

そして事実、多くの銀行マンが自分の懐に入れていたのであろう。

そして受け取ったが最後、ズブズブの関係になってしまう。

これは小説なので断ったことになっているが、バブル期はこのような行為が横行していたのではないだろうか。

« 世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか/安西洋之 | トップページ | 金融腐蝕列島(下)/高杉良 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金融腐蝕列島(上)/高杉良:

« 世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか/安西洋之 | トップページ | 金融腐蝕列島(下)/高杉良 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

井上労務管理事務所

無料ブログはココログ