« 巨大市場/深井律夫 | トップページ | マネジメント革命/天外伺朗 »

2015年1月29日 (木)

中国目覚めた民衆/興梠一郎

Photo 中国はもはや共産党の中国ではない。表向きは鉄壁に見える一党独裁体制だが、五億人を超えるネットユーザーが生み出す世論のうねりが政権を包囲し、その支配を根底から揺るがしつつある。これからの中国を読み解くカギは、目覚めた民衆の「民意」である。

様々な問題を抱えている国、それが中国である。

そのため、中国は崩壊するという類の本はしょっちゅう出版される。

ところが、中々そうはならない。

普通の国であればとっくに崩壊しているのに、そうならないのは中国が共産党の一党独裁の国だからである。

選挙もないため、民意が政治に反映されることもない。

汚職まみれの党幹部がいても、選挙で落とすこともできない。

ところがここにきてネットユーザーによる世論のうねりが政権に影響を及ぼすようになってきているという。

ネットはどんなに規制しようとしても限界がある。

今後、ここから何が生まれるのか、注視していく必要があると思う。

« 巨大市場/深井律夫 | トップページ | マネジメント革命/天外伺朗 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国目覚めた民衆/興梠一郎:

« 巨大市場/深井律夫 | トップページ | マネジメント革命/天外伺朗 »