« 最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと/マーカス・バッキンガム | トップページ | 上杉鷹山に学ぶ 財政破たんを数う感動改革!!/本郷陽二 »

2015年1月14日 (水)

指揮官/児島襄

Photo アイゼンハワー大将は、モンゴメリー将軍はじめ各指揮官の意見を求めたが、大将の両眼の周囲は黒ずみ、疲労しきっていた。そして、約二分間、両手を組み、眼を閉じ、祈るように沈黙したのち、決定を下した。
「諸君、私は決定を好まない。しかし、私が決定しなければならない。では……行こう、諸君」

ノルマンディ上陸を決断したときのアイゼンハワー大将の言葉。

指揮官は決断しなければならない。

軍の指揮官の場合、それによって多くの部下が死ぬ。

たとえ決断が正しくても部下が一人も死なないということはまずあり得ない。

そしてその部下一人ひとりには愛する家族がある。

その家族の幸せを奪うことになるかもしれない。

だから指揮官は、何をやっても非難される。

しかし、指揮官が絶対にやってはならないことがある。

それは決断しないこと。

何もしないこと。

あの時代、多くの指揮官がこのような葛藤の中で多くの決断をしてきた。

その重さは、今の時代に生きる私たちには計り知れないものがある。

そう考えると、今の感覚で、軽々に批判などできないと思ってしまう。

« 最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと/マーカス・バッキンガム | トップページ | 上杉鷹山に学ぶ 財政破たんを数う感動改革!!/本郷陽二 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指揮官/児島襄:

« 最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと/マーカス・バッキンガム | トップページ | 上杉鷹山に学ぶ 財政破たんを数う感動改革!!/本郷陽二 »