« マッキンゼー流入社1年目問題解決の教科書/大嶋祥誉 | トップページ | リーダーシップからフォロワーシップへ/中竹竜二 »

2015年2月 1日 (日)

「君ならまかせて安心」と言われる仕事術/中省吾

Photo 行動記録をとりはじめると、ほとんどの人に起こる変化があります。簡単に言うと「サボったり、ダラダラしたり」することが無くなるのです。これは行動記録をとることにより、自分の行動を客観的に見つめることができるようになるためです。

本書はタスク管理の手法を中心に書かれている。

タスク管理の中心はは情報整理術と時間管理術。

情報を整理し、時間をキチンと管理することによって、仕事の効率を上げることができるというもの。

そしてタスク管理の基本は記録にあるという。

自分がどんな時間の使い方をしているのか、それを把握するために行動記録を取ると。

ほとんどの人は、これだけで、行動に変化が現れるという。

おそらく、ムダな部分が見えるようになるためであろう。

いわゆる「見える化」である。

本書に書かれていることすべてを実行することはできないとしても、行動記録を取ることくらいはやってみてもよいのではないだろうか。

« マッキンゼー流入社1年目問題解決の教科書/大嶋祥誉 | トップページ | リーダーシップからフォロワーシップへ/中竹竜二 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「君ならまかせて安心」と言われる仕事術/中省吾:

« マッキンゼー流入社1年目問題解決の教科書/大嶋祥誉 | トップページ | リーダーシップからフォロワーシップへ/中竹竜二 »