« 「長生き」が地球を滅ぼす/本川達雄 | トップページ | イシューからはじめよ/安宅和人 »

2015年2月13日 (金)

犯罪/フェルディナント・フォン・シーラッハ

Photo 銀行強盗は、かならずしも常に銀行強盗であるとはかぎらない。私たちはミハルカのなにを責めることができるだろう?私たちみんながうちに抱えていることを行動に移しただけではないだろうか?彼の立場にいたら、みんな、同じ行動を取ったのではないか?愛する者の許へ帰りたいという思いは、人間だれしも持つ憧れではないか?

「罪を憎んで人を憎まず」という言葉がある。

しかし、実際に犯罪人を見ると、その言葉はむなしく響く。

単なる理想論のようにも感じる。

ましてや、犯罪被害者には、到底受け入れがたい言葉ではないだろうか。

この短編集の著者の職業は弁護士。

そして本書に登場する多くの主人公は実際に自分が接した犯罪者。

彼らがどうして犯罪に手を染めるに至ったのか、克明にしるしている。

犯罪者も、最初から犯罪者なのではない。

あるきっかけで犯罪者になってしまうのである。

そんなことを考えさせてくれる本である。

« 「長生き」が地球を滅ぼす/本川達雄 | トップページ | イシューからはじめよ/安宅和人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪/フェルディナント・フォン・シーラッハ:

« 「長生き」が地球を滅ぼす/本川達雄 | トップページ | イシューからはじめよ/安宅和人 »