« 打ちのめされるようなすごい本/米原万里 | トップページ | 「うつ」とよりそう仕事術/酒井一太 »

2015年3月26日 (木)

賛成・反対を言う前の集団的自衛権入門/香田洋二

Photo 集団的自衛権は、字義通り、「権利」です。同盟国が攻撃されたときに軍事行動に参加することは、絶対の義務ではありません。同盟国から協力要請があっても、自らの国益に反すると考えれば、同盟上の義務との関係を考慮して、本当に必要な場合は「ノー」といえるのです。

元・海上自衛隊No.2が、集団的自衛権の必要性について説いているのが本書である。

集団的自衛権を行使できないことが、現場をいかに混乱させているかということを、具体的事例を示しながら述べている。

集団的自衛権は保持しているが行使できない。

こんなおかしな議論が通用するのは日本位なものだろう。

そろそろ戦後のGHQによる洗脳から抜け出す時がきているのではないだろうか。

本書を読んで益々その思いを強くした。

« 打ちのめされるようなすごい本/米原万里 | トップページ | 「うつ」とよりそう仕事術/酒井一太 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賛成・反対を言う前の集団的自衛権入門/香田洋二:

« 打ちのめされるようなすごい本/米原万里 | トップページ | 「うつ」とよりそう仕事術/酒井一太 »