« 隠蔽捜査/今野敏 | トップページ | なぜあの人は、人望を集めるのか/近藤勝重 »

2015年3月 5日 (木)

社長、その領収書は経費で落とせます!/松嶋洋

Photo その典型例として、平成24年9月19日に出された東京高等裁判所の判決が挙げられます。
 この判決においては、
 「経費は業務に必要であり、かつその業務と直接関係するものでなければならない」
 という経費の通説について、「直接関係する」という要件を削除し、
 「業務に必要なものであれば、経費として問題はない」
 と通説を覆す判断をしました。

私は個人事業主の一人である。

独立して感じたのは、「なんと税金は高いものか」というもの。

売上が上がれば上がるほど、高い税金を払うことになる。

だから多くの経営者が節税をするものよくわかる。

これはサラリーマンにはない感覚である。

そんなことから本書を読んでみた。

それによると、税金の世界には多くのグレーゾーンがあり、グレーゾーンに位置する代表格が、節税において避けては通れない「経費」なのだということ。

だから大部分の領収書は経費で落とせるのだ、と。

ただ、その場合怖いのが、税務調査に入られたら、ということなのだが、

税務調査の限界として、グレーゾーンに対しては税務署は強権的になれないということと、

個人についてはおおむね1~2パーセント、法人についてはおおむね4~5パーセント程度しか、税務調査は実施されていないという現実がある。

つまり、個人については50年に1回、法人については20年に1回程度しか実施されないことになる。

しかも税金の時効は5年間。

「あとは自己責任でどうぞ」ということなのだが、

「う~ん」と、うなってしまった。

正直、なかなか難しい。

« 隠蔽捜査/今野敏 | トップページ | なぜあの人は、人望を集めるのか/近藤勝重 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社長、その領収書は経費で落とせます!/松嶋洋:

« 隠蔽捜査/今野敏 | トップページ | なぜあの人は、人望を集めるのか/近藤勝重 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

井上労務管理事務所

無料ブログはココログ