« 勝利のルーティーン/西野朗 | トップページ | 韓国はなぜ反日なのか/吉井英一 »

2015年3月 2日 (月)

クロネコヤマト「感動する企業」の秘密/石島洋一

Photo 私は「全員経営」という標語を掲げている会社を多く知っている。しかし、どこまで本気でそのことが実現されようとしているだろうか、多くの場合は、単なる標語として使われているだけで、行動に移されていることなど、ごくわずかなのではなかろうか。

全くその通りである。

「全員経営」や「お客様第一」という言葉を掲げる経営者は多い。

しかし、実態はトップダウンだったり、売上至上主義であったり、言ってることとやってることが違う。

どうしてそうなってしまうのか。

行き着くところは、経営者の本気度だと思う。

本書を読んでみても、ヤマト運輸が「全員経営」を実行できているのは、今のヤマトの礎を創った小倉氏が本気でそれをやろうとしたからだということがよくわかる。

さらにそれを仕組化すること。

それがなければ結局は「絵に描いた餅」になってしまう。

「言うは易し行うは難し」ということであろう。

« 勝利のルーティーン/西野朗 | トップページ | 韓国はなぜ反日なのか/吉井英一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロネコヤマト「感動する企業」の秘密/石島洋一:

« 勝利のルーティーン/西野朗 | トップページ | 韓国はなぜ反日なのか/吉井英一 »