« 社長、その領収書は経費で落とせます!/松嶋洋 | トップページ | 仕事の大事は5分で決まる/宮家邦彦 »

2015年3月 6日 (金)

なぜあの人は、人望を集めるのか/近藤勝重

Photo 徳川家康と春日局のこんな話を思い出したことでした。
「この世で最もウマいものは?」
「塩でございます」
「では最もまずいものは?」
「塩でございます」
 いい加減はいい塩梅に通じる言葉なんですね。
 人望のある人に共通するのは塩梅、つまり加減がいいんです。

日本の組織で「あの人は人望がない」と言われることは死刑宣告に等しい。

そうなってしまえば、どんなに能力があっても出世はできない。

一生、ペーペーで終わることになる。

では人望とはどうやって身に付ければよいのか?

本書では「人望がある人」とはどういう人か、どうすれば「人望のある人」になれるのかを探っている。

しかし、そもそもが「人望」とはあいまいなもの。

経験を通じて身に付ける以外ないような気がする。

« 社長、その領収書は経費で落とせます!/松嶋洋 | トップページ | 仕事の大事は5分で決まる/宮家邦彦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜあの人は、人望を集めるのか/近藤勝重:

« 社長、その領収書は経費で落とせます!/松嶋洋 | トップページ | 仕事の大事は5分で決まる/宮家邦彦 »