« テレビの裏側がとにかく分かる「メディアリテラシー」の教科書/長谷川豊 | トップページ | 掟破り/原田泳幸 »

2015年4月19日 (日)

プロファシリテーターのどんな話もまとまる技術/田村洋一

Photo 「話がまとまる」ための心構えは、「問題解決」のための心構えとは根本的に異なります。「問題解決」が厄介なものを取り除こうとするのに対して、「話がまとまる」考え方は望ましい成果を生み出そうとしているのです。これは似ているようで全く違うマインドの持ち方です。

話をまとめる技術は組織の中で仕事をする人にとっては必須のスキルだと思う。

テクニック的なものももちろんあるが、それ以上に大事なことはマインドの問題だ。

例えば会議を行うにしてもそこにはいろんな感情が行き交う。

そして話がまとまらないことの多くは感情のぶつかり合いによることが多い。

「あの言い方はなんだ」とか「あんな言い方はないだろう」といったことから会議は紛糾する。

これらをどのようにして、いい方向に持っていくのか?

ある程度場数を踏むしかないような気もするのだが。

« テレビの裏側がとにかく分かる「メディアリテラシー」の教科書/長谷川豊 | トップページ | 掟破り/原田泳幸 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロファシリテーターのどんな話もまとまる技術/田村洋一:

« テレビの裏側がとにかく分かる「メディアリテラシー」の教科書/長谷川豊 | トップページ | 掟破り/原田泳幸 »