« 「孤独」が一流の男をつくる/川北義則 | トップページ | なぜあの会社は安売りせずに利益を上げ続けているのか/松野恵介 »

2015年4月 2日 (木)

土漠の花/月村了衛

Photo「君達の経験したことは公式には発表されない。もちろん自衛官による戦闘行為など一切なかった。拠点内の隊員達は皆薄々は察しているようだが、厳重な箝口令を敷いてある。君達も決して他言してはならない。隊外は無論のこと、隊内であってもだ」

ソマリアの国境付近、墜落ヘリの捜索救助にあたっていた陸上自衛隊第一空挺団の野営地に氏族間抗争で命を狙われている女性が駆け込んできた。

自衛官は人を殺せるのか?

法的には明らかな違法行為。

自衛隊は軍隊ではないのだから。

しかし彼らはこの女性を守るために命を懸ける。

壮絶な戦いの末、隊員達の大半を失いながら、やっとのこと助け出される。

しかし、彼らのやった英雄的な行為は決して公表されることはない。

今の自衛隊が置かれている中途半端な状態を考えさせられる本である。

« 「孤独」が一流の男をつくる/川北義則 | トップページ | なぜあの会社は安売りせずに利益を上げ続けているのか/松野恵介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土漠の花/月村了衛:

» 自衛官たちの奮闘! [笑う社会人の生活]
小説「土漠の花」を読みました。 著者は 月村 了衛 ソマリアの国境付近で、墜落ヘリの捜索救助にあたっていた陸上自衛隊第一空挺団の精鋭たち その野営地に、氏族間抗争で命を狙われている女性が駆け込んできて 自衛隊の古今奮闘を描いた サスペンスアクション なかな...... [続きを読む]

« 「孤独」が一流の男をつくる/川北義則 | トップページ | なぜあの会社は安売りせずに利益を上げ続けているのか/松野恵介 »