« チェ・ゲバラ伝/三好徹 | トップページ | かわいそうな歴史の国の中国人/宮脇淳子 »

2015年4月24日 (金)

ドラッカーが教える実践マーケティング戦略/早嶋聡史

Photo 自ら未来をつくることにはリスクをともなう。しかし、自ら未来をつくろうとしないことのほうがリスクは大きい。成功するとはかぎらない。だが、自ら未来をつくろうとせずに成功することはない。

非常に考えさせられる言葉である。

未来をつくることは確かにリスクが伴う。

未来の顧客のニーズを予測し、ターゲットを決め、商品を開発し、販売計画を立て、投資をしなければならない。

予測が外れれば、多大な損害が発生する。

しかし、未来をつくろうとしないことのほうがはるかにリスクが大きい、とドラッカーは言う。

近年のソニーなどはまさにそうなのではないだろうか。

先週の日経ビジネスでソニーの特集をやっていたが、かつてのソニーらしさが失われているというのがソニーOBの共通した見解。

自由闊達な風土は失われ、保守的になってしまったとOB達はいう。

未来をつくるには、それに挑戦する組織風土が不可欠。

今年、ソニーは人事制度を変えたという。

年功的な要素を排し、役割によって給与を決める制度だという。

マイナスに働かなければ良いのだが。

« チェ・ゲバラ伝/三好徹 | トップページ | かわいそうな歴史の国の中国人/宮脇淳子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラッカーが教える実践マーケティング戦略/早嶋聡史:

« チェ・ゲバラ伝/三好徹 | トップページ | かわいそうな歴史の国の中国人/宮脇淳子 »