« 掟破り/原田泳幸 | トップページ | 問題解決のジレンマ/細谷功 »

2015年4月21日 (火)

仕事に才能はいらない/金田博之

Photo 実は最初に任されたDM発送の仕事に手を抜かず懸命に取り組み、工夫を加え効率化したことで、私は入社1年目に「社長賞」をいただきました。「悔しい!」という気持ちが、雑用のような仕事でも、工夫しながら懸命に取り組み、付加価値をつけるという、心のもち方(マインドセット)につながったのです。

著者の言っていることは、仕事の基本さえ身体で覚えてしまえば、これといった才能や特技がなくても、会社から信頼され、より大きな仕事を与えてもらうことができる、というもの。

例えば新人の時、責任のある仕事を任せられるはずがない。

多くの場合、単純な仕事である。

しかしそこで腐ってしまっていい加減な仕事しかしないか、

それとも創意工夫して成果をあげるか、

それによってその後が決まってしまう。

著者がいう仕事の基本とは

第一に、雑用のような仕事でも、与えられた仕事には全力で取り組む

第二に、プライドを捨てあらゆる人に教えを請い、いいところを真似る

第三に、視点を変え「もっといい方法はないか」と工夫し続ける

というもの。

大事なポイントだと思う。

« 掟破り/原田泳幸 | トップページ | 問題解決のジレンマ/細谷功 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事に才能はいらない/金田博之:

« 掟破り/原田泳幸 | トップページ | 問題解決のジレンマ/細谷功 »