« 「見たいテレビ」が今日もない/長谷川豊 | トップページ | わが友 本田宗一郎/井深大 »

2015年4月15日 (水)

決断の作法/新将命

Photo 人間の精神的老化・老衰には3段階があるという話である。
 第一段階は、人の名前が覚えられない。覚えてもすぐに忘れてしまう。
 第二段階は、トイレで用を済ませた後に、チャックを閉めるのを忘れる。
 そして最終段階は、自分はこの会社にとってなくてはならない人間だと思い込む。この段階に至ったとき、人は老化・老衰の極みに達しているという。

上記抜書きは、本書で紹介されているジョークなのだが、本当にそうだと思う。

社長の仕事は決断することである。

中でも一番重要でかつ間違いやすいのは、自らの引き際の決断である。

この決断を間違ったが故に、晩節を汚した例は枚挙にいとまがない。

今は変化の激しい時代。

数年前の勝利の方程式が通用しなくなることはよくあること。

この変化について行けなくなった経営者は潔く去るべきだろう。

難しい決断だが。

« 「見たいテレビ」が今日もない/長谷川豊 | トップページ | わが友 本田宗一郎/井深大 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決断の作法/新将命:

« 「見たいテレビ」が今日もない/長谷川豊 | トップページ | わが友 本田宗一郎/井深大 »