« なぜあの会社は安売りせずに利益を上げ続けているのか/松野恵介 | トップページ | 1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ/氏家健治 »

2015年4月 4日 (土)

ドリカム・リーディング/中島孝志

Photo 読書にはリズムとスピードがもの凄く重要だと思います。たとえば、夢中になって読んでいる本があるとしましょう。このとき、脳はハイ状態=α波がどんどん出ているはずです。脳が発想、連想、空想、妄想モードへと切り替わっている瞬間です。こういうときにアイデアが浮かぶのです。

著者は年間3000冊本を読んでいるという。

これには到底及ばないが、私も1日に1冊は読書するようにしている。

読書に要する時間は1日30分から1時間くらい。

もうこれを5年以上続けている。

きっかけは仕事でどうしても大量のインプットが必要になるから。

世にある速読法を習ったこともないが、自然に早く読むようになってしまった。

やってみてわかったのは、本はゆっくり読めば理解できるというものではないということ。

人それぞれなのだろうが、わたしの場合、熟読するとかえって理解が遅くなるようだ。

むしろ、ある程度のスピードがあったほうが理解が早くなるし、アイデアや発想も湧いてくる。

上記抜書きに書いてある通りである。

« なぜあの会社は安売りせずに利益を上げ続けているのか/松野恵介 | トップページ | 1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ/氏家健治 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドリカム・リーディング/中島孝志:

« なぜあの会社は安売りせずに利益を上げ続けているのか/松野恵介 | トップページ | 1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ/氏家健治 »