« 読んだら忘れない読書術/樺沢紫苑 | トップページ | ビジネスで必要なことはすべて一流アスリートから学んだ!/森健次朗 »

2015年7月15日 (水)

本質思考/平井孝志

Photo_2 最終的なチェックのポイントは、自分が考えたことが面白いかどうかを確認することである。モデルが本質に近ければ近いほど、きっとその内容は面白いはずである。なぜなら、まさに見えなかった本質が見えてくることで、人は新鮮な驚きを感じ、それが面白さにつながるからである。単純な問題の裏返しは、決して面白くない。

ビジネス上の問題解決をするためにモデルを描く場合、そのモデルが本質に近ければ近いほど、その内容は面白い、とのこと。

面白さを感じるときは、物事を動的に捉えている場合が多い。

単なる静止画、スナップショットには面白さはない。

つまりモデルから連想されるダイナミズムに面白さがある、と。

この言葉を読んで、以前読んだ楠木建氏の「ストーリーとしての競争戦略」を思い出した。

楠木氏は優れた戦略は、ワクワクするといった類のことを言っていた。

つまり本質的な問題に近ければ、内なる自分が反応する、ということ。

逆に言えば、このような面白さ、ワクワク感がないものは本質をとらえていないともいえよう。

「面白い」「ワクワク感」とは極めて感覚的なものだが、この考え方、本質をついているのではないだろうか。

« 読んだら忘れない読書術/樺沢紫苑 | トップページ | ビジネスで必要なことはすべて一流アスリートから学んだ!/森健次朗 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本質思考/平井孝志:

« 読んだら忘れない読書術/樺沢紫苑 | トップページ | ビジネスで必要なことはすべて一流アスリートから学んだ!/森健次朗 »