« しんがり/清武英利 | トップページ | 大衆の反逆/オルテガ・イ・ガセット »

2015年8月31日 (月)

社長の器/高杉良

Photo「兄貴とは、価値観、人生観が違います。ニチベアはもっと大きくなるんじゃないですか。僕は会社を大きくすることよりも社員のことを先に考えたいですね。幸せの尺度なんて人によって違うんでしょうが、征一のような考えかたには与しません。かれは、会社は株主のものだと考えてるようですが、それはオーナー経営者だからこその発想で、カマドの灰まで自分のもの、という考えかたと変るところはないですよ。会社はそこに勤める従業員のものと考えるほうがまっとうなんじゃないですか。」

中小企業社長の父親が作った2つの子会社。

ニチベアは、名門紡績会社で兄・高原征一が経営し、

中小企業の啓発製作所は弟・高原高望が経営することになった。

エリート街道を歩み、冷徹な兄と優しく人情派の弟。

性格は正反対。

弟は従業員への還元を重視した経営を行い、衆議院議員になる。

しかし、その弟は50代で急死する。

弟の急死に伴い、弟が気に食わないエリート意識の強い兄は、弟家族への借金の催促等嫌がらせを行う。

正に骨肉の争いといったところである。

「社長の器」とは何かを考えさせられる。

« しんがり/清武英利 | トップページ | 大衆の反逆/オルテガ・イ・ガセット »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社長の器/高杉良:

« しんがり/清武英利 | トップページ | 大衆の反逆/オルテガ・イ・ガセット »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

井上労務管理事務所

無料ブログはココログ