« 相手の気持ちをきちんと〈聞く〉技術/平木典子 | トップページ | しんがり/清武英利 »

2015年8月29日 (土)

自分の気持ちをきちんと〈伝える〉技術/平木典子

Photo_2 アメリカのある心理学者は、人間関係のもち方には、大きく分けて三つのタイプがあると言っています。「第一は、自分のことだけ考えて、他者を踏みにじるやり方、第二は、自分よりも他者を常に優先し、自分のことを後回しにするやり方、第三は、第一と第二のやり方の黄金率ともいうべきもので、自分のことをまず考えるが、他者をも配慮するやり方」です。

相手に自分の気持ちを伝えることは難しいものだ。

やはり、本音を言えば、相手との良好な関係が壊れてしまうのではないか、という不安がある。

逆に、そう思わない人は、相手の心の中に土足で踏み込んでしまう。

これだともっと悪い。

しかし、アサーションとは、第三のやり方。

つまり、自分のことをまず考えるが、他者をも配慮するやり方である。

このことを本書を通して知った。

当然、このやり方を身に付けるにはトレーニングが必要になる。

しかし、ぜひ身に付けたいスキルである。

« 相手の気持ちをきちんと〈聞く〉技術/平木典子 | トップページ | しんがり/清武英利 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の気持ちをきちんと〈伝える〉技術/平木典子:

« 相手の気持ちをきちんと〈聞く〉技術/平木典子 | トップページ | しんがり/清武英利 »