« 「一生懸命」な「まじめ」社員を『稼げる』人材に育てる法/山元浩二 | トップページ | 自分の気持ちをきちんと〈伝える〉技術/平木典子 »

2015年8月28日 (金)

相手の気持ちをきちんと〈聞く〉技術/平木典子

Photo 人は育った環境、時代背景などによってつくられた枠組みで言葉を使い、理解します。

相手の話を聞くことは思いのほか難しい。

それは、人それぞれ、自分の枠組みの中で言葉を使い、理解するから。

そのため、言ったつもり、伝えたつもり、が起こる。

さらに「きく」には、「聞く」「聴く」「訊く」の三種類がある。

一つ目の「聞く」は、音が耳に入ってくる、聞こえるという意味。

二つ目の「聴く」は、相手の感じていること、伝えたいことを理解しようと耳を傾けること。

「聴」という漢字には「心」という文字が入っている。

「聴く」とは心を込めてきくこと。

いわば、「聞く」は受動的で、「聴く」は能動的。

三つ目の「訊く」は、知りたいこと、質問したいことを尋ねること。

「聴く」を目指したいのだが、そのレベルは非常に高いのが現実である。

« 「一生懸命」な「まじめ」社員を『稼げる』人材に育てる法/山元浩二 | トップページ | 自分の気持ちをきちんと〈伝える〉技術/平木典子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相手の気持ちをきちんと〈聞く〉技術/平木典子:

« 「一生懸命」な「まじめ」社員を『稼げる』人材に育てる法/山元浩二 | トップページ | 自分の気持ちをきちんと〈伝える〉技術/平木典子 »