« この世から苦手な人がいなくなる/伊庭正康 | トップページ | 「就活」と日本社会/常見陽平 »

2015年9月25日 (金)

一流の人がやる気を高める10の方法/中野ジェームズ修一

10 幸福度を高めてやる気を引き出すためには、実現する可能性が50%、実現しない可能性が50%というフィフティ・フィフティのレベルを目標にするのが最適です。

やる気を高めるための秘訣は、実現する可能性と実現しない可能性が50対50の目標を立てること。

これは目標設定の大事なポイント。

ところが、アスリートと違い、ビジネスの世界ではこれは本当に難しい。

そもそもビジネスの世界では、目標設定自体が難しい業種がある。

営業の仕事であれば目標設定は比較的容易だが、事務職などはそもそも目標設定自体が難しい。

できないことはないのだが、それにはかなりのテクニックが必要となる。

また営業マンの場合も違う問題がある。

多くの場合、目標達成と報酬がリンクしているので、その場合、営業マンは比較的達成しやすい目標を立てるのが常である。

そうでなく、上司から「この数字をやれ」と命じられることもある。

こうなると、仕組として、やる気を高める目標設定ができなくなっているともいえる。

目標を通してやる気を高めるには、この辺りの課題を整理することが大事なのではないだろうか。

« この世から苦手な人がいなくなる/伊庭正康 | トップページ | 「就活」と日本社会/常見陽平 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一流の人がやる気を高める10の方法/中野ジェームズ修一:

« この世から苦手な人がいなくなる/伊庭正康 | トップページ | 「就活」と日本社会/常見陽平 »