« 大衆の反逆/オルテガ・イ・ガセット | トップページ | 伊藤真の民法入門 »

2015年9月 2日 (水)

なぜか結果を出す人の理由/野村克也

Photo_2 世の中には「多くの時間をかけて短所を直すより、長所をどんどん伸ばすほうが効率的でよりよい結果につながる」とか「短所を無理に直そうとすると、かえって長所を殺ぐことになりかねない」といった指導法を信じている人たちがたくさんいる。だが私は、それはウソだと思っている。少なくとも、野村再生工場の信条は、その反対だ。「長所を伸ばすためには短所を鍛えろ」と私は考えている。

この野村氏の言葉は意外だった。

野村氏の手法はてっきり長所を伸ばす指導法だと思っていた。

だから、野村再生工場といわれたのだと勝手に思い込んでいた。

しかし、実際には長所を伸ばすには、それを阻んでいる短所を鍛える必要があるという。

考えてみるとそれは一理ある。

人間は、せっかく長所があっても、短所がその長所の邪魔をしてしまうものだ。

人の性分でいえば、その人の中に、いい性格の部分と悪い性格の部分があると、せっかくいい性格を持っていても悪い性格が邪魔して、いい性格まで消えてしまうのだ。

そして仕事においても、それは同じだ。

せっかくいい仕事をしても、ただの1ヶ所の欠陥が全体を価値を損ねてしまうことはよくある。

短所にはキチンと目を向ける必要があるということであろう。

« 大衆の反逆/オルテガ・イ・ガセット | トップページ | 伊藤真の民法入門 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜか結果を出す人の理由/野村克也:

« 大衆の反逆/オルテガ・イ・ガセット | トップページ | 伊藤真の民法入門 »