« 廃藩置県/勝田政治 | トップページ | 逆説の日本史〈2〉古代怨霊編/井沢元彦 »

2015年10月17日 (土)

逆説の日本史〈1〉古代黎明編/井沢元彦

1 言うまでもなく聖徳太子が「和を以もって貴とうとしと為なせ」と命じたから、「わ(和)」が日本人の原理になったのではない。そうではなくて、これは古代から、それこそ「日本」という名すらなかった頃からの「環」の住民たちが、基本原理としてきたことなのである。だからこそ聖徳太子は、自らは仏教信者でありながら、日本人全体にさとすべき言葉としては、まず「和を大切にせよ」と言ったのである。

最近、気になっていることがある。

それは「日本人とは何か?」ということ。

様々な事象を省みるにつけ、日本人の特殊性に突き当たる。

おそらくそれは太古の神話の時代から連綿と受け継がれている「何か」があるからであろう。

その「何か」を探るために、井沢元彦氏の「逆説の日本史」シリーズを読んでみることにした。

この巻で井沢氏は、日本人の行動を拘束する原理は「和」である、と述べている。

この国では、和が最も大切である。

人々が和を大切にして話し合えば、どんなことでも、おのずから道理にかない、うまくいくと思っている。

「話せばわかる」という、この「話し合い至上主義」も、その源流となっているのは「和」の原理である。

つまり「和」は古代から現代に至るまで、日本人を拘束する原理であるということ。

それは出雲の神話にも、現代の永田町の政治状況にも、影響を与えている。

「和」こそ、日本人の行動を解くキーワードといってよいのだろう。

« 廃藩置県/勝田政治 | トップページ | 逆説の日本史〈2〉古代怨霊編/井沢元彦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆説の日本史〈1〉古代黎明編/井沢元彦:

« 廃藩置県/勝田政治 | トップページ | 逆説の日本史〈2〉古代怨霊編/井沢元彦 »