« 正しい目標管理の進め方/中嶋哲夫 | トップページ | 小池一夫のキャラクター新論 »

2015年10月 1日 (木)

10人の法則/西田文郎

10 大成功者と呼ばれる人たちは、例外なく自分のことを「運がいい」「運のある人間だ」と錯覚しています。経営の神様と呼ばれた松下幸之助さんが常々、「自分は運の強い人間だ」と語っていたのは有名な話です。(中略)松下さんは大成功したから、「自分には運がある」と思ったわけではないのです。逆に、「運がある」と思っていたから、大成功できたのです。

確かに成功者と呼ばれる人は「運が良かったから」とよく言う。

でも、それは正確には「運いい」と錯覚したことにより、成功を引き寄せたといえるのではないだろうか。

「自分は運のある人間だ」という錯覚があると、自分に自信が持てるようになる。

自分のすることにも自信が出てくる。

脳が肯定的になり、最高のプラス思考になれる。

能力を制限しているマイナス思考のブロックがはずれ、脳全体が活発に働き出す。

成功、幸せがらくらくイメージできて、努力が苦労でなくなる。

だから困難にぶつかっても、あきらめなくなる。

つまり、人が成功するのに必要なものが回りだすのである。

この好循環をもたらすのが「私は運がいい」という錯覚である。

逆に言えば、錯覚をも成功者はうまく利用するということではないだろうか。

« 正しい目標管理の進め方/中嶋哲夫 | トップページ | 小池一夫のキャラクター新論 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10人の法則/西田文郎:

« 正しい目標管理の進め方/中嶋哲夫 | トップページ | 小池一夫のキャラクター新論 »