« 日本史から見た日本人 昭和編/渡部昇一 | トップページ | 日清・日露戦争をどう見るか/原朗 »

2015年10月10日 (土)

かくて昭和史は甦る/渡部昇一

Photo 大英帝国が日本と同盟を結ぶことに至ったのは、この北清事変で日本軍が文明国の“模範生”として行動したことが大きかった。当時の北京にいた世界中の先進国の人々を前にして、日本の軍人は飛びきりのファイン・プレーを示したのだ。
 アジアの小さな有色人種国家にすぎないと思われていた日本が、かくも規律正しく、勇敢に動いたことが彼らの印象を一変させ、「同盟相手として信ずるに足りる国である」という評価をもたらした。

日英同盟が結ばれた原因として、北清事変での日本軍の模範的行動にあった、というのは、他の歴史書では書かれていない事実である。

結局、この日英同盟があったからこそ、日露戦争に勝利したわけだから、このことは大きかったといえる。

北清事変では、たくさんのイギリス人将校が救援軍に参加していた。

イギリスの「タイムズ」紙の記者なども現場にいた。

彼らが日本の模範的行動を見て、親日的感情を抱いたのは想像にかたくない。

日英同盟の場合、イギリスはアジアの植民地を守るためのパートナーとして、イギリスの国益のために日本を選んだ。

もし、「日本は信頼できる国である」と言う人たちがイギリス政府部内にいてくれなければ、別の相手と同盟を組んだであろう。

結局、国家間の外交も、最終的な決め手となるのは、やはり人間的な信頼ではないだろうか。

そのことを、この北清事変は教えてくれる。

« 日本史から見た日本人 昭和編/渡部昇一 | トップページ | 日清・日露戦争をどう見るか/原朗 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かくて昭和史は甦る/渡部昇一:

« 日本史から見た日本人 昭和編/渡部昇一 | トップページ | 日清・日露戦争をどう見るか/原朗 »