« 小池一夫のキャラクター新論 | トップページ | 稼ぐまちが地方を変える/木下斉 »

2015年10月 3日 (土)

人事評価の「曖昧」と「納得」/江夏幾多郎

Photo 評価制度の運用にまつわる構造的問題の構図を踏まえると、被評価者にとっては「曖昧だからよくない」という発想を一度やめることがかえって合理的なのかもしれません。

人事の世界には、「評価は公正、公平でなければならない」「曖昧であってはならない」という神話のようなものがある。

でも、この前提がある限り、評価制度はダッチロールを繰り返す。

そもそも評価とは評価する側と評価される側が納得すればいいのである。

極論すれば、基準が曖昧でも、公正・公平でなくても、お互いが納得すればよいのである。

逆に言えばこの発想に立たない限り、評価制度は決して完成しないのではないだろうか。

« 小池一夫のキャラクター新論 | トップページ | 稼ぐまちが地方を変える/木下斉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人事評価の「曖昧」と「納得」/江夏幾多郎:

« 小池一夫のキャラクター新論 | トップページ | 稼ぐまちが地方を変える/木下斉 »