« あなたの隣のモンスター社員/石川弘子 | トップページ | 日本型リーダーはなぜ失敗するのか/半藤一利 »

2015年11月16日 (月)

好きになってはいけない国。/菅野朋子

Photo「日本は好きになっちゃいけない国って思っていた」
「日本ってずっと悪く言われてきたから、イイ感情を持っているかって言われると、ちょっと違う」
「国史で習うと昔いろいろあったから、好きとは言えない」──。
 J-POPに〝夢中になっている〟十代、二十代の韓国の若者たちに〝日本〟について尋ねると、決まってこうした答えが返ってくる。

本書は10年以上前の韓国の若者たちの様子を中心に記されている。

日韓ワールドカップの前後であり、またヨン様ブームが起こり、追っかけのオバサン達の韓国旅行が盛んになった時期である。

この当時と今の日本人の韓国人に対する見方は大きく変わっている。

今は韓国に対して悪い印象を持っている人たちが多い。

しかし、韓国はというと10年前も今も、ずっと反日である。

ところが、国を挙げて反日を行っている韓国であっても、若者たちの中にはJ-POPや日本のアニメに夢中になっている人たちが多かったということである。

しかし、そのことを大っぴらには言えない。

日本の大衆文化は好きだけれど日本は好きになってはいけない国。

この辺りに韓国人のジレンマがある。

反日を口にしていながらも、なんとなく日本が気になってしようがない。

悪口を言いながらも、罵詈雑言を並べながらも、意識の底には常に〝日本〟が漂流している。

そんな韓国の人たちの姿が、そこにはある。

日韓関係を考えた場合、このことも頭に入れておくべきだろう。

« あなたの隣のモンスター社員/石川弘子 | トップページ | 日本型リーダーはなぜ失敗するのか/半藤一利 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 好きになってはいけない国。/菅野朋子:

« あなたの隣のモンスター社員/石川弘子 | トップページ | 日本型リーダーはなぜ失敗するのか/半藤一利 »