« 「天職」がわかる心理学/中越裕史 | トップページ | 日本サッカーはなぜシュートを撃たないのか?/熊崎敬 »

2015年11月10日 (火)

世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣/ずんずん

Photo 外資系勤務の人はいつ解雇されるかわからないため、転職を前提として日々働いています。つねに自分の転職市場での市場価値を高め、給料を上げるチャンスを狙っているのです。

外資系企業に働く人間は、いつクビになっておかしくない。

逆に言えば、いつクビになってもいいように、転職前提の働き方をしている。

自分の市場価値を高めることができれば、次の転職先でより高い報酬で雇ってもらえる。

そのようにして働いているというのである。

外資系が全て良いとは限らないが、日本の企業に働く人も、この点は見習うべきではないだろうか。

日本で働く人は、どちらかと言えば、企業におんぶ抱っこの意識がある。

いい会社に就職できれば、その後、自分の市場価値を高めようとする努力をあまりしない。

そのため、いざ解雇されると、潰しがきかない。

そして、多くの場合、次の転職先では給料は下がる。

日本の終身雇用も安心して働けるといういい点はあるのだが、それが甘えにつながるようだと問題だ。

今、働く人の意識改革が求められているのではないだろうか。

« 「天職」がわかる心理学/中越裕史 | トップページ | 日本サッカーはなぜシュートを撃たないのか?/熊崎敬 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣/ずんずん:

« 「天職」がわかる心理学/中越裕史 | トップページ | 日本サッカーはなぜシュートを撃たないのか?/熊崎敬 »