« ベラ・チャスラフスカ 最も美しく/後藤正治 | トップページ | リーダーのための「レジリエンス」入門/久世浩司 »

2015年11月22日 (日)

なぜ一流の人はストレスが溜まらないのか/西脇俊二

Photo 成功者は他人に期待しませんし、誰かに自己重要感を満たしてもらおうとも思いません。彼らは知っているのです。
「他人への期待を捨てることから、自分の人生が始まる。他人に期待しているうちは、自分の人生を生きられない」と。

ストレスのない人はいない。

ストレスが全くない状態は、むしろ異常である。

しかし、世の中、ストレスに押しつぶされている人も多くいる。

一方、はたから見るとストレスがありそうに見えるのに、本人はそうでもない、ということもある。

特に一流といわれる人にそのような人が多い。

中にはストレスを楽しんでいる人すらもいる。

この違いはどこからくるのか。

本書ではその要因の一つとして、「他人に期待しない」ことをあげている。

「他人に期待しない」というとニヒリストのようにとらえられがちだが、そうではない。

これをこれを言い換えると「自分にコントロールできること、できないことをきっちり分けた上で、コントロールできる部分のみを大切にする」ということになる。

人は自分の立ち居振る舞いや思考はコントロールできるが、他人のことはコントロールできない。

期待すればするほど、その期待を裏切られたときのガッカリやイライラが大きくなる。

「こうしてくれるはず」「ちゃんとやってくれるはず」と他人に期待をしてしまうと、それがストレスの種となる。

「自分にコントロールできないことには執着しない」ことを心がけていれば、他人への期待も手放すことができる。

一流の人は、そのような仕分けがうまくできているのであろう。

« ベラ・チャスラフスカ 最も美しく/後藤正治 | トップページ | リーダーのための「レジリエンス」入門/久世浩司 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ一流の人はストレスが溜まらないのか/西脇俊二:

« ベラ・チャスラフスカ 最も美しく/後藤正治 | トップページ | リーダーのための「レジリエンス」入門/久世浩司 »