« 職業としてのAV女優/中村淳彦 | トップページ | 遺伝子が解く!美人の身体/竹内久美子 »

2015年11月27日 (金)

浮気人類進化論/竹内久美子

Photo 人間の男は浮気をする。そのときパートナーがいることを隠したり、隠さないにせよ、「彼女とはいずれ別れるつもりだ」などと言って女を口説く。浮気をした後にはパートナーにバレないようにいろいろ工作、バレそうになったらあれやこれやと言い逃れる。これらもやはり「戦術的な騙し」ではないだろうか。人間は浮気を通じて脳を発達させたという私の仮説。霊長類における戦術的な騙しが新皮質の発達を促したというこの研究。かなり共通するものがあるような気がするのである。

人間は浮気をすることによって知能を発達させてきた。

夫が浮気をする場合、いかに妻にその事実をさとらせまいと様々なウソをつく。

一度ウソをつくと、そのウソを正当化するために更にウソをつく。

これは非常に頭を使う作業である。

著者は人間はこのようなお互い、相手を欺こうと戦術を立てることによって知能を発達させてきた、という。

特に他の霊長類と比較して、人間は「言語的コミュニケーション」の能力が発達している。

男は女を口説くために、また女は男に関する情報交換を行なうために、どちらも言語的能力を進化させてきた。

現代においても、女がおしゃべり好き、噂話好きであることに変わりはない。

男はまず浮気の場で女を口説くために、ひときわ優れた言語能力を必要とされる。

さらに男の浮気に対して女は同盟を結び、情報交換をする。

実際、電話や路上や喫茶店で人の噂話をしながら長々とおしゃべりをするのは圧倒的に女の方だ。

そして男は、女を口説く際に必要となった、相手を思わずその気にさせてしまううまい言葉遣いの能力を様々な分野に応用している。

接客の商売はもちろんのこと、司会者や芸人、政治家や企業のトップなど話術の巧みさがものを言うあらゆる分野に応用している。

女を口説く能力と、人間を相手にするあらゆる職業において言葉を自在に操る能力とは本来表裏一体のものではないだろうか、というのである。

ただ、これはあくまで著者の仮説である。

でもこの仮説、非常に面白い。

« 職業としてのAV女優/中村淳彦 | トップページ | 遺伝子が解く!美人の身体/竹内久美子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浮気人類進化論/竹内久美子:

« 職業としてのAV女優/中村淳彦 | トップページ | 遺伝子が解く!美人の身体/竹内久美子 »